生種パンをHBで焼いてみる

a0031350_14182769.jpg
生種を使ったパンをHBでやいてみました。
これなら、生地がゆるくて成型が難しいとか、
関係ないと思ったからです。
a0031350_14182787.jpg
キレイに膨らんだ!と思ったら・・・
a0031350_14182888.jpg
出して1分後には冗談みたいにしぼんでしまいました!
a0031350_14182857.jpg
でも、少し冷ましてカットすると、ふわふわ!
本当にふわふわで美味しい(^-^)
きっと水分量が多いのだと思います。
本に書いてあるのと自分の酵母は、
きっと全然ゆるさが違うんだろうなぁ・・・
試行錯誤が必要なようです。
でも、とりあえず食べられるパンです!

リンゴ酵母の生種食パン
強力粉375g
生種187g
砂糖12g
塩5g
水240ml
バター18g

[PR]
by nolly_1218 | 2017-01-22 14:13 | Comments(2)
Commented by ぐりこ at 2017-01-23 18:32 x
いろいろ良い調子ですね〜♪(^o^)
酵母も冬のほうが酸っぱくなったり過発酵になったりしなくて良いみたいですよね。
Commented by nolly_1218 at 2017-01-23 19:40
☆ぐりこさん
実は、遠くに住んでいるお友達と情報を共有すべく、
克明に記録しているのです(^-^)
失敗ばかりだけど、暫くお休みしても
またふりだしに戻らなくてすむように。
寒い時期は発酵も酵母の成長も遅いけれど、
そんな利点もあるのですね!
とりあえず飽きるまで頑張ります(^-^)
<< リンゴ酵母、生種カンパーニュ レーズン酵母で生種を作る。 >>